?

Log in

Taksan's World of Funny English Words [entries|archive|friends|userinfo]
Taksan

[ website | English Counterpart ]
[ userinfo | livejournal userinfo ]
[ archive | journal archive ]

Moving [Aug. 18th, 2007|02:16 pm]
Taksan
[Current Mood |refreshedrefreshed]

お引越し、およびブログ再開です。 

アルク: 外資系日記

ご笑覧くださいませ。
Link2 comments|Leave a comment

As the crow flies. [Dec. 14th, 2006|11:24 pm]
Taksan
[Current Mood |tiredtired]

直線距離を示すのにこう言いますね。
It's 1 km as the crow flies. 直線距離にして1キロだ、と。
カラスが目的地に飛ぶのに一直線で飛ぶところから
こんな面白い表現ができたわけです。
これは、in a crow lineとも言えます。

そういえば、白いカラスという映画が
ニコール・キッドマンとアンソニー・ホプキンスの主演でありましたね。
あれは、原題がThe Human Stain(直訳は人間のシミ、キズ)
だったから、面白かった。邦題とずいぶん違うもんだな、と。
でもこれは同時に、『白いカラス』とあえてした、邦題の素晴らしさを
実感した瞬間でもありました。だって見た人にはわかりますが、
主人公のシルクはまさに『白いカラス』そのものでしたからねぇ。
絶妙の邦題です。これは逆輸入してWhite Crowという原題でも
良かったんじゃないか、とさえ思いました。もっとも、
そんなことしたら原作者のフィリップ・ロスさんは怒るかもしれませんが。

ちなみに、as the crow flies は空間について用いられますが、
時間があっという間に過ぎるというときには、何を使うでしょうか?
arrow、矢ですね。光陰矢のごとし。私たちも遠い昔の中学時代に、
Time flies like an arrow. という表現を覚えました。
もっとも、crowもarrowも同じような語に思えるのですが、
なぜcrowの前は定冠詞theで、arrowの前は冠詞のanなのでしょう?
日本的感覚で育った私には、全く理解しがたいことです。(笑)

では。
人気blogランキングへ
Link7 comments|Leave a comment

Pranking a Telemarketer [Nov. 8th, 2006|09:56 pm]
Taksan
[Current Mood |relievedrelieved]

これは、オモシロイです。 
How to prank a telemarketer 
Mikeが可哀想ですが、これは笑わずには見られません。

人気blogランキングへ
Link6 comments|Leave a comment

direct order [Oct. 24th, 2006|07:38 pm]
Taksan
[Current Mood |busybusy]

さきほどちょっと遅くまで働いてたら、
イギリス人の上司から言われました。

「お前は今日よくやった。もう帰りなさい。
これはdirect orderだ」と。

だから、言うんですね、当たり前だけど。
こういう場合、direct orderと。

日本語でも普通に「直接命令」だとか、
「(誰それより)直々の命令である」と。

そのままだな、と面白く思った次第。
では。

人気blogランキングへ
LinkLeave a comment

portable / cell / mobile phone / funderful / terravator / merfolks / rough and rugged / terrain [Oct. 14th, 2006|09:22 pm]
Taksan
[Current Mood |hopefulwhatever will be will be]

先日ディズニーシーへ行って気づいた英語たち。

「携帯電話」の英語がいくつも使われていて面白かったです。

初め聞いたのは、portable phone。
成程、ディズニーは国際的なテーマパークだから
米語系のcell phone でもない、英国系のmobile phone
でもない、ニュートラルな英語が使われてるんだ、
と思いました。

ところがどっこい(言い方がオヤジ!?)、
他のアトラクションの場内放送では、見事なまでに
代わりばんこでこのcell phone、そしてmobile phone
が使われてるではありませんか!

そうか、別に園内で流す英語の使い方に
ポリシーはないのね、と納得。

またシーの中ではたーくさん「ディズニー語」がありました。
Funderful! (FunとWonderfulの合体形ですね)
terravator (地を表すterraとelevatorの組み合わせです)
Merfolks only (mermaidとfolksの造語です。
「関係者以外立入禁止」という意味らしいです。)

あと、The Journey to the Center of the Earthという
アトラクションがありますね。
あれの入口ではこんな注意書きがあります。
覚えちゃいました。

"The Journey to the Center of the Earth is
a fast-paced adventure that includes
sharp turns and sudden drops
over rough and rugged terrain."

このturnsとdropsが複数になっているのが、
きれいな形でいい。でも一番気に入ったのは、最後。
rough and rugged、ともにrできれいな頭韻です。
そしてterrain(地勢)。これはこのエントリーで
既出の単語と関係があります。そう、terraです。
こうしてterrain(地勢)もterra(地)を元に
していることがよくわかります。terraから派生した語が
いかに多いかは8月6日のエントリーでもご紹介したとおりです。

ちなみに、新しくできたTower of Terrorは
それほどでもなかったですね。良かったのは、
Tower of Terrorの玄関にあるネオンの看板と
ハイテクを駆使した「イントロ」でしたね。
(言いかえれば、始めだけ・・・)
ちなみのちなみに、terraとterrorは関係ありません。
あったらシャレになりません。

では。
人気blogランキングへ

PS: 一部の方には前回のエントリー内容で心配を
おかけしましたが、何とか生きてます。多分私は
大丈夫でしょう。何となく、今の気分はあのmelody...
"Que sera sera. Whatever will be will be."
「まぁ、すべては、どうにでもなるよ。吉であれ凶であれ」
と楽観的ですので、ご心配なく、です。
LinkLeave a comment

trade / tradition [Oct. 2nd, 2006|08:36 pm]
Taksan
[Current Mood |blahblah]

traditionといえば、言わずと知れた
「伝統」の意の英語。

でもどうしてそういうのだろう、と
考えてみたら、やっぱり理由はありました。

tradeから来ているんですね。
trade は、交易する、という意味ですから、
そこから「代々受け継ぐもの・こと」という
意味が派生し、名詞型traditionが生まれた、
と理解すればいい。

てな感じで、久しぶりのエントリーですが、
最近何かと気苦労が多いです。
私は五体満足に生まれました。
心臓病でもなければ、白血病でもありません。
しかし、悩みはあります。尽きません。
それは正直、並の人間だったらきっと
ウツになるくらい、深い悩みです。
まぁ、でもね、私も強い人間じゃぁ
決してないけど、乗り越えてみせますよ。
世界で一番幸せじゃないかもしれないけど、
それなりに幸せな人生送ってやる。

人気blogランキングへ
LinkLeave a comment

vacate / vacation / vacuum [Sep. 19th, 2006|01:14 am]
Taksan
[Current Mood |crappymoody...]

"Please vacate this seat for elderly people."
(お年寄りに席をお譲りください)

確かこんな英語を山手線の優先席の上に見かけました。

そこで思ったこと。
この vacate って vacation とつながってるんだよなぁ。

なぜ休日をvacationというかといったら、きっと
このvacuum (真空)と同源のvacate が名詞形になったから、
「仕事がない、空の日」の意味で、vacation になったんだろうなぁ。

同様に冒頭のvacateの使い方も、vacuum を連想して、
お年寄りのためにこの席を「空にしてください」と読めば、
よくわかる気がします。

なんてことを思った、今日の一日でした。では。

人気blogランキングへ
LinkLeave a comment

ホウボウにトランプです [Sep. 6th, 2006|08:28 pm]
Taksan
[Current Mood |tiredtired a little bit...]

さて、一体何のことでしょうか。

至るところに、トランプあり?

いやいや、違います。あくまで英語的に考えてください。
ヒント:ホウボウとトランプは同義語です。

チ・チ・チ・チ・チ・・・・時間です!(相撲を想起する・・・)

つまり、hoboとtrampです。

共に、浮浪者の意味です。
我々日本人にとっては、浮浪者の定番英語はbeggarですが、
それだけではないということです。

ホウボウ、そしてトランプ。何だか響きが面白くありませんか?
少なくともダジャレ好きにはたまらないはずです。

何だか汚らしいマネをしている友人がいたら、戯れに

「おまえはホウボウか!」

と言ってみたら面白いかもしれない。すると相手が、

「は!?オレは仏法なんか信じちゃいねぇんだよ!」(謗法)

なんて返してくれたら、よっぽど付き合いのいい人か暇人です。(笑)

でもそんな英語使うか、とお思いの方へ一言。

hoboはこの間、ワタシのアメリカの友人が使っていました。
「オマエも落ちぶれて、hoboの身に成り下がったな!」
trampは、今日職場でイギリス人が
「このエアコン、ぶっ壊れてんじゃねぇか?」
--「え、どんな臭いするの?」
「まるでold trampのような臭いがするんだよ!」と。
ふーん、浮浪者の臭いがするとは大変だ。
てことで、普通に使います。

ちなみに、もっと身近なゲームの意の「トランプする」は、
play cardsです。trumpは、ゲームや遊び
そのものを指すのではなく、もう少し限定的に
「切り札」という意味で用いられるようです。

「勝利」を、ちょっと英語ができる人ならvictoryでなく
triumphと言えるように、浮浪者もbeggarだけでなく、
hoboやtrampも知っておくと、ちょっと気分いいかも。

最後に、このtrump(切り札)、triumph(勝利)から
来ている、って知ってました?

では。
人気blogランキングへ
LinkLeave a comment

Good from far, far from good? [Aug. 19th, 2006|10:16 pm]
Taksan
[Current Mood |refreshedrefreshed]

オモシロイ表現をアメリカの友達が教えてくれました。

Good from far, far from good.

遠くから見るとカッコイイ(カワイイ)けど、よく見ると
そうでもない(全然そんなことない)、という意味です。

これをワタシ、はじめ知らないから彼にこんな回りくどい
言い方してました。

"Okay, Kenny. So girls in Japan should be pretty, just as you say.
However, in my opinion, some girls look pretty from a distance,
but when you look at them closely, they are actually not."

そこで彼が、"You know, Tak, that's: good from far, far from good."
と教えてくれた、ってワケです。

ちなみに、よく似ていますが、from afar といえば文語的で、
違ったニュアンスで使われます。手元の和英辞典には、
Isn't it nice to have friends who come from afar to visit?
(友あり遠方よりきたる、また楽しからずや)
という例文が載っていますし、またOALDには、
He loved her from afar. (= did not tell her he loved her)
とあります。

念のため、good from afar, far from good じゃないのか?
としつこく聞いてみましたが、 ネイティブに抵抗しても無駄でした。(笑)
good from far という表現です。

では。
人気blogランキングへ
Link4 comments|Leave a comment

今日の表現: ET / extraterrestrial / terra / terrace / territory [Aug. 6th, 2006|01:36 am]
Taksan
[Current Mood |cheerfulcheerful]

「ETのEは、エイリアンのエなの?」

という素朴な質問を、先日同僚から受けました。

まぁ、これはチョット調べればわかることですが、
もちろんそうではありませんね。

ETはextra-terrestrialの略であり、
terrestrial(地球)の extra(外)だから
地球外生物、ETです。

terrestrial とはやや聞きなれない英語ですが、
terrestrial broadcasting といえば地上波放送
のことです、というと「あぁ、それ!」と納得していました。

確かに、あまり馴染みのない言葉ですが、その核と
なる部分、つまりterra が土ないし土地を意味する
ことを知っておくと、かなり有用です。

例えば、terrace(テラス)、territory(領域)は
それぞれ、突き出た土地、自分の土地の意味だからこそ、
その名があるのです。

意外な語のつながりがオモシロく感じます。

では。
人気blogランキングへ
LinkLeave a comment

navigation
[ viewing | most recent entries ]
[ go | earlier ]